背中を見て学べ!はもう古い?!

 
過日の中日新聞の記事に、
「若手が育つ職場に」
というタイトルで、企業の人材育成の新制度について紹介がありました。

若手社員の離職率が高い、ということを受けての対応策です。

損保ジャパンでは、
「人材育成マイスター」という制度をはじめました。

会社が理想とする上司を当てはめるのではなく、
職場で支持される上司を選んで育成ノウハウを共有しようというもの。

課長級以上の管理職約1900名を対象に、
全社員22000名が
「自分を一番成長させてくれた上司」を選び、
得票上位100名がマイスターになるのです。

投票では、具体的なエピソードも記述する、ということですから、
ここがノウハウ共有のミソですね!

エピソードとして、
「質問に対して、答えだけでなく理由までしっかり言ってくれるので
わかりやすい」
とか、
「言行一致がよい」
というものが上がっているとのこと。

なるほど。

理由が答えられるということは、
上司自身がしっかり「わかって」いないとできませんね。

「言行一致」
これはなかなか難しい。

「言うけれど自分はしない」という上司も少なくないです。

あいたたた・・・と思われる方もいらっしゃるかも。

マイスターに選ばれた上司に共通している行動特性は、

「安心して挑戦できる職場環境を作っている」
「部下の発言を引き出す力を持っている」
「決断力が早く、判断基準が明確」
「部下に仕事を任せ、見守り我慢する」

など、だそうです。

昔は上司の背中を見て学べ、ということばがありましたが
今は、背中を見せるだけではだめ、ということでしょう。

では、「背中を見て学べ」は古いのでしょうか?

いいえ、そんなことはないと思います。
上司を見ていますから、やはり、背中で教えることは多いと思います、
しかし、それだけではうまくいかないということです。

時代とともに、変えるべきところを変えていく柔軟さが
人材育成にも求められているということですね!

 

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法を
わかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、
社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

社内インストラクター制度体験セミナー&無料説明会

ビジネスマナー教育が場当たり的になっていたり、
重要だとわかってはいても、後回しにしたりしていませんか?

ビジネスマナー教育に必要なのは、継続して学べる環境と仕組みです。

社員が社員を教える仕組みをつくる
ビジネスマナーの
社内インストラクター制度体験セミナー&説明会は

2019年10月8日(火)に開催、参加費は無料です