リーダーは様々な経験を経てリーダーになっていく

  • 「主任」という役割が与えられたばかりの看護師さんの話。

「部下のミスは自分のミス」であることを頭ではわかっていますが、
まだまだ心が理解していない様子。

 

部下がミスをしたことまで、
自分が謝らなければならないので、
主任になったのがよかったのか悪かったのか・・・という口ぶりです。

 

あるとき、患者様のご家族の方からお叱りの言葉がありました。

患者様ご本人から、ベッドで頭をぶつけたということを聞き、
なぜ、家族に報告がないのか、というお叱りの言葉です。

しかし主任は部下からその報告を聞いていませんし、
スタッフは全員そろっていないので、確認できません。

残っているスタッフに聞いたところ、そのような事実はない様子。

主任「今いるスタッフに聞いてみましたが、いまのところそのようなことはないようです。」

家族「じゃあ、親父がうそをついているというのか!!」
と、どんどんご家族の怒りはエスカレート。

「事実確認をしてからお返事します」
と主任は答えましたが、

ご家族は、
「あんたの親父がベッドで頭をぶつけて、そのことを報告してもらえなかったら
どんな気持ちだ!」
とはき捨ててその場を立ち去られたようです。

主任は事実確認ができていない段階で「申し訳ございません」と言いたくない、
という気持ちです。

自分のミスでもないのに責められる、
事実かどうかもわからないのに、申し訳ないとはいえない、
なぜ、家族にあんなふうにいわれなければならないのか、
これからも、こういうことがたくさん続くのだろう。

・・・と心の声。

考えても考えても、どうしたらよかったのか、
主任は答えが出てこないのです。

私も主任と一緒に考えました。

問題を整理しながら。

自分のミスではないけれど、主任になったら、
「部下のミスも上司の私のミス」とわかっていても
すぐにそのことが理解できて、対応ができるものではありません。

主任は主任という肩書きがついたら主任として役割が果たせるわけではなく、
ひとつひとつの経験を踏まえて学び、主任に成長していくということでしょう。

事実確認の前に「申し訳ございません」とは言いたくない気持ちでも、
「すぐに事実確認ができず、申し訳ございません」とか、
「ご心配をおかけして申し訳ございません」
ということはできたかもしれません。

もしもその言葉が出せたなら、
「お前の親父が・・」というご家族の言葉を聞くことはなかったかも、と思います。

一緒に考え、最後にそんなことをお伝えしたら、
顔が明るくなりました。

もしも次に同じようなことがあったら、今度はご家族の気持ちになって、
うまく対応ができそう・・・そんな笑顔でした。

パッと笑顔に変わる瞬間。

私はその顔が見たくて、この仕事を続けているのかも・・・
と、いつも思うのです。

「リーダー」というのは、任命されたら勝手に育つのではなく、
育っていくものなのだ、と思った出来事でございました。

社内インストラクター制度体験セミナー&無料説明会

ビジネスマナー教育が場当たり的になっていたり、
重要だとわかってはいても、後回しにしたりしていませんか?

ビジネスマナー教育に必要なのは、継続して学べる環境と仕組みです。

社員が社員を教える仕組みをつくる
ビジネスマナーの
社内インストラクター制度体験セミナー&説明会は

2019年10月8日(火)に開催、参加費は無料です