採用でお困りの経営者、人事担当者の方、採用試験がうまく機能しなくてお困りの経営者の方へ

次のように、思ったことはありますか?

  • 面接での判断と実際に採用した時のギャップに悩んでいる
  • 中小企業なので採用に失敗したくない
  • できるだけいい人をとりたい
  • お客様や職場の仲間とトラブルを起こしそうな人の採用は避けたい

職業柄、よく採用について相談されますが、私が自信をもってお薦めしているのが、採用時の失敗を減らす適性検査「SCT」です。

採用時の適性検査で必要なこととは

適切な採用や人員配置、個別指導を行うために必要なのは、人材の能力や適性、個人の全体像(トータル・パーソナリティ)を正確に把握すること。

ですが、ペーパーテストや面接だけでは、なかなか人の能力、性格の奥深いところまで見ぬくことは難しいのです。

この問題を解決するのが、今回、紹介するSCT(Sentence Completion Test 文章完成法テスト)です。

このテストは「管理能力の早期発見」「行動の予測」などを目的として作られており、現在は企業・学校・病院などにおいて幅広く活用されています。

採用時に行う適性検査にはいろいろありますが、SCTは事前対策をしにくいという特徴があり、応募者の“素”の状態が把握しやすく、採用で失敗する確率を下げることができます。

同じような悩みを抱えた中小企業様にとても評判が良く、弊社でもSCTを使った採用サポートのサービスを提供しています。

「SCT(文章完成法テスト)」に関する情報を提供できるのは、中部地区では弊社のみ!です。

SCT(文章完成法テスト)とは

SCTとは、Sentence Completion Test (文章完成法テスト) の略です。

以下のように、テストを受ける方(応募者)に、書きかけの文の後に自由に文章を記入してもらい、そこに映し出された個性を理解しようとする「投影法による心理テスト」です。

SCT

SCTは、応募者が書いた“生”の文章から、その人らしさを肌で感じることができます。

また、「採用してはいけない人材」を見抜くことが可能ですので、面接だけではわからなかった採用時の失敗を減らすことができるのです。

このような方にお役に立てます

採用人事担当の方

現在行っている採用試験がうまく機能しなくて、いい人材が採用できていない、とお考えの方。

SCTでは「行動の予測」ができるので、採用試験としても効果的です。

また、管理職の登用はうまくいっていますか?SCTは「管理能力の早期発見」をテーマに作られたテストでもあります。ですから管理職としての適性がわかるのです。

一人で採用活動を行っている経営者の方

SCTがもう一人の「採用担当者」となり、面接の印象や好感度などに左右されず、客観的な判定が示されるため、一人で悩まず、自分以外の採否の判断材料が得られます。

SCTでわかること

  • 性格の特徴
  • 能力(社会的知能)
  • コミュニケーション能力
  • 協調性
  • ストレス耐性
  • キャリア指向
  • リーダーシップ
  • 仕事に対する意欲、仕事ぶり
  • 価値観
  • 精神的安定性
  • 視野の広さ
  • セルフコントロール力
  • 行動力
  • 仕事への定着性、等

SCTに関するお問い合わせ

キャリア・サポートではSCTを使って採用試験などでの適性判定を行っております。

採用試験に使ってみたいと思われましたら、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

正常に送信が完了すると、システムから自動返信メールをお届けしています。
メールをご確認ください。