重要だけれど緊急でないことに目をつむっていませんか?

重要だけれど、緊急でないこと。
あるいは、緊急そうに思えないこと。

これらは、どうしても後回しになってしまいがちです。

しかし、これを後回しにしたために、
のちのち大きな問題となって現れるのですが、
実はそれが原因だと気づかないこともあります。

なぜならば・・・

その問題は、
世を忍ぶ?!仮の姿(笑)で現れることがあり、

まさかそれが原因だとは気づかないのです。

 

人材育成もそのひとつ。

重要だけれど、一見、緊急でないように思いますし、
結果が出るのに、少し時間がかかるのが、
後回しになる原因かもしれません。

 

成功している、あるいは成功を継続している企業様のお話を聞くと、
必ず、ターニングポイントで人材育成のキーワードが出てきます。

しかし、その企業の今ある姿の影に、
そんな地道な努力があったことは、
第三者にはなかなかわかりにくいですね。

 

「今」しかみえないと、わかりにくいですが、

素晴らしいと評価させる企業様にも、

スタートのときがあったということです。

 

人材育成の効果が出るには時間がかかりますから、
努力している過程は、企業内では小さな変化は起きてはいるものの、
外からは見えにくいものです。

しかし、ある日突然、グ~~~ンと成果が出て、
「一体何をしたら、こんなに良くなるのですか?」
とお聞きしたときに出てくる一つの要因が、
「人材育成」という訳なのです。

 

真似しようにも、一体どこから手をつけたらいいのか、
とおっしゃる経営者は、少なくありません。

そんなときは、成功なさっている方のお話を時系列にお聞きする、
その過程でどんな失敗をなさったかをお聞きする、
そんな風にしてみると、どこから始めたらいいのかわかりやすくなります。

私はインタビューさせていただくときは、そんなふうにお聞きしています。

どちらにしても、どこから始めても、
いずれ全部揃える必要がありますが。

 

重要だけれど緊急なことは、実は後回しにしないで、
すぐに始めることです。

小さくでもよいので、とにかく初めてみること。

そして、始めたらやめない。

やり方を変えることはあっても、やめない。

これが、継続です。

 

結果が出るまでには、経営者にはちょっと我慢が必要です。

しかし、この意思決定は、経営者しかできません。

やめない!

やめないと経営者が決めて、やり続ける。

 

成功している企業の経営者の方の共通点は

コレでしょう。

覚悟。

 

重要だけれど、緊急でないことこそ、

今すぐ、始めてみませんか。

小さなことから、コツコツと。

 

社員力を向上させるための無料メールマガジン