笑顔とアイコンタクトが売上に直結することを実践なさっている人

「笑顔とアイコンタクトが売上向上につながる」

これはよく聞くお話ですが、本当に?とお思いの方もいらっしゃいますか?

 

さて、何度も売上で社内表彰を受けている靴の店頭販売の

とっても素敵な笑顔の女性のコツをご一緒に勉強いたしましょう。

 

◆店頭では。。。

アイコンタクトは1回。

見すぎないこともコツだそうです。

しかし、店舗に入らず、店頭を通り過ぎる人にも、必ずするとのことです。

これはできていない人も多いのでは?と思います。

それからこの段階では「ハーフスマイル」だそうです。

満面の笑み、の半分のほほえみですね。

 

◆店内では。。。

お店に入っていらっしゃったら、

できるだけたくさんのアイコンタクトを。

これは、安心感を与え続けるためだということ。

これは「満面の笑顔」で。

この女性曰く。

「笑顔は歓迎とホスピタリティを伝える一番の方法」

です。

 

いかがでしょうか?見習いたいですね!

 

さて、ここまででしたら、マナーのお話。

しかし、経営者様は、たった一人の人のマナーがいいね、という話で終わらせず、

全社員がこうしたことができるようにするための仕組みを考える必要があります。

 

社内にできる人とできない人がいるのでは、

お客様にとっては、当たりはずれがあるのと同じ。

 

全員で情報共有する。

そして、全員ができるようになるまで、トレーニングする。

そして、新しい社員が増えても、これができるような仕組みにする。

こちらを整えるのが、経営者様の仕事ですね。

 

アイコンタクトと笑顔。

あなどれません!販売業・接客業では、売り上げに直結しています!

 

アイコンタクトのことを書いていましたら、思い出したことが。。。

以前、ご依頼いただき「アイコンタクト」をテーマに、寄稿したことがあります。

名古屋商工会議所の会頭をお勤めになった方が、

退任間際に、部下の方にご指示くださって実現しました。

 

この方は、拙著も読んでくださって、お忙しい中、感想もお聞かせくださいました。

「アイコンタクトの君」ですね。と書き添えてくださいました。

日本人は苦手な人が多いけれど、できるようになるともっと関係性が良くなる、

とおっしゃっていたことを、ありがたく思い出しています。

 

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法をわかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

 

社内インストラクター制度体験セミナー&無料説明会

ビジネスマナー教育が場当たり的になっていたり、
重要だとわかってはいても、後回しにしたりしていませんか?

ビジネスマナー教育に必要なのは、継続して学べる環境と仕組みです。

社員が社員を教える仕組みをつくる
ビジネスマナーの
社内インストラクター制度体験セミナー&説明会は

2019年10月8日(火)に開催、参加費は無料です