タクシー運転手さんのホスピタリティ溢れる行動

次の予定までにあまり時間がなかった日のこと。

タクシーで、まずいったん会社へ戻り、

そのままタクシーの運転手さんに待っていただいて、

次の予定に向かうように、お願いしました。

 

このとき、言おうかどうか迷ったんです。

「運転手さん、方向転換をしておいていただくと、

会場に近道になるので、お願いできませんか?」

と。

 

でも、ま、いいかそこまでは・・・と思って、そのまま会社へ。
ダッシュで戻ってきたら、

なんと!方向転換していてくださるじゃないですか!

 

運転手さんありがとうございます!

交通量も、ほどほどある道ですから、

ご面倒だったでしょうに。

本当にうれしく思いました。

 

おかげさまで、遅刻しないでパーティにまにあいました。

「私の気持ち、わかってくれたのね!」

という行動をしていただけると、とってもうれしいものです。

ご面倒だしょうし、そのままでも何ら問題ないけれど、

ちょっと手間をかけてくださること。

ありがたいです。

 

さて、こうした素敵な行動が、個人のスキルにならないようにすることが組織としては大切ですね。

この運転手さんがなさっていることは、会社の決まりではないでしょう。

でも、そういう事例があったら、そのように対応する、ということは

全員で情報共有しておく仕組み、ありますか?

経営者様には、こうした個人がしていることを全員でできるようになる仕組みを

ぜひ考えていただきたいですね。

その過程で1人1人のホスピタリティ力があがり、

お客様からの信頼ももっとたくさん寄せられることになるでしょう。

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法をわかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

社内インストラクター制度体験セミナー&無料説明会

ビジネスマナー教育が場当たり的になっていたり、
重要だとわかってはいても、後回しにしたりしていませんか?

ビジネスマナー教育に必要なのは、継続して学べる環境と仕組みです。

社員が社員を教える仕組みをつくる
ビジネスマナーの
社内インストラクター制度体験セミナー&説明会は

2019年10月8日(火)に開催、参加費は無料です