成長の法則「言われたとおりにやってみる」ことができる才能を活かす

「言われたとおりにやってみる」
というのは、とても大切なことです。

自分で考えて動けるようになるためには、
「言われたとおりにやる」ことがプロセスとして必要。

うまくいかない人は
「言われたことを言われたとおりにやらないで、
最初からアレンジしようとする」
傾向があるようです。

 

それを「考えてやっている」と誤解しているのですね。

ですから、いつまでたっても
あちこちぶれて、基本が定まらない、ようです。

基本が定まらないとことに応用はありません。

 

あなたの会社でも、新入社員の皆さんが研修を終えて、実践に入られたころでしょう。

なにも経験のない人に「考えて動きなさい」は難しいこと。
私たちが考えて動けるのは、経験があるからです。
右も左もわからない人には、難しいことではないでしょうか。

 

まずは「言われたとおりにやってみましょう」とおっしゃっると
新入社員の皆さんがが安心して取り組めると思います。

考えろといわれても、何を考えたら良いのか、わからない人もいるからです。

 

いつまでも言われたとおりにだけしかできず、
自分で考えて動けないのは、
「言われたとおりにやらせてみた」あとに、
しっかり、振り返らせたり、考えさせたりしていないことにあるのです。

経験を財産にできるように育てるには、
あとのフォローが大切ということです。

「言われたとおりに一生懸命やる」
ことができるのは、ひとつの才能。

素直さです。

その才能を生かせるかどうかは、
実はその後の先輩・上司のフォローにかかっています。

ご指導、よろしくお願いいたします。

 

人生を変えるマナー(最新刊)

単行本(ソフトカバー): 230ページ あさ出版
mikuriya_book1

「君なら安心だ」と、大きなプロジェクトの責任者に抜擢された。
「うちに来ないか」と引き抜きの話が多い。

「基本」+「ちょっと」の一歩進んだマナー・思考法をわかりやすく丁寧に紹介しています。

マナーを身につけることで、あなたの見える世界は180度変わり、社内、社外問わず、「選ばれる」ビジネスパーソンになれることでしょう。

すべての社会人必須の1冊です。

Amazonからご購入いただけます>>>

社内インストラクター制度体験セミナー&無料説明会

ビジネスマナー教育が場当たり的になっていたり、
重要だとわかってはいても、後回しにしたりしていませんか?

ビジネスマナー教育に必要なのは、継続して学べる環境と仕組みです。

社員が社員を教える仕組みをつくる
ビジネスマナーの
社内インストラクター制度体験セミナー&説明会は

2019年10月8日(火)に開催、参加費は無料です