「いらんことをするな」土井志ば漬本舗家訓

こんにちは。

社員力向上&ホスピタリティ コンサルタント☆三厨 万妃江です。


過日の京都視察。

(ずいぶん時間が・・・)


社員満足徹底で会社が変わる!実績20年の社員教育法-IMG_3042.jpg


土井志ば漬本舗様です。


社員満足徹底で会社が変わる!実績20年の社員教育法-IMG_3658.jpg

まずは、製造工程を拝見しました。

社員満足徹底で会社が変わる!実績20年の社員教育法-IMG_1272.jpg

この樽のなかで熟成されているのですが、

においが・・・

ちょっとお先に失礼しました。(ごめんなさい!)

社員満足徹底で会社が変わる!実績20年の社員教育法-IMG_8930.jpg

その後、社長のお話。

創業109年。5代目の社長です。

「ちりめん赤紫蘇」で7月になすを150t漬けこむのだそうです。

もともとしばづけとは、

夏野菜を紫蘇の葉に漬け込むこと。

社員さんが種まきから手作業で。

こちらは刈り取りが終わった畑です。

会社の裏手に見えます。


社員満足徹底で会社が変わる!実績20年の社員教育法-IMG_7544.jpg

種は、「昔からのものを大切に蒔く」のだそうです。

家訓は、「いらんことをするな」

なるほど。

本業以外への進出で経営が悪化した会社も少なくない中で、

確かに家訓を守り続けての109年です。

「売り上げは多すぎず」

という言葉も心に響きました。

売り上げ至上主義では、ひずみが出るからですね。

京都には

「京ブランド認定の基準」があるそうです。

「ほんまもん」だけに贈られるもの。

「しばづけ」は京都の大原で作られたものだけが、

認定を受けられる、ということをおっしゃっていました。

一意専心。

こちらを経営理念に加え、

長く続くお商売、とめざすというお話。

その昔、

建礼門院が「紫の葉の漬物」と名付けたのが、

「志ば漬」の始まり。

ほんまもんは、こうして受け継がれているのですね。

仲間はお土産に買い求めていました~


社員満足徹底で会社が変わる!実績20年の社員教育法-IMG_0878.jpg

 

 

社員力を向上させるための無料メールマガジン