社員教育の困りごとを解決する、無料オンライン講座のご案内

経営者のみなさまへ。

社員教育について、お困りごとはありませんか?

言うまでもなく、人材は、千差万別。さまざまなケーススタディがあるものです。

しかし、対処法を探しても、なかなか見つからなかったり

具体的にどうすればいいのかわからないことから、

改善を試みずに、放置してしまうケースも少なくありません。

社員教育は、一度行えばいいものではなく、働く以上、継続的に繰り返し実施していく必要があります。

とくに、経営者の「社員教育に対する意識」を、時代にあわせていくことが、もっとも重要ではないでしょうか。

「昔はこれでよかった」では、若手社員はついてこられません。価値観が異なるからです。

そこで、この無料オンライン講座では、

社員教育における経営者のお困りごとや悩み、あるいは、

これまでに、実際にご相談を受けたことなどを事例として、三厨万妃江がQ&A方式でお答えします。

このオンライン講座をきっかけに、社員教育が社内の文化として浸透し、社員が楽しく働き、

ひいては企業の永続につながっていく良循環となれば幸いです。

※教育実務を担当している方ではなく、「経営者」の方を対象としています。

無料オンライン講座の受講方法

  1. 以下のフォームから、お申し込みください。
  2. ご入力いただいたメールアドレス宛に、受講専用ページをお送りします。
  3. いつでもご都合の良いタイミングで、ページをご覧になってください。ご質問も、受講専用ページから受け付けます。
  4. 新しいトピックスが追加になったときは、メールでお知らせいたします。

無料オンライン講座に掲載していくトピックスの一部

※以下のようなご質問にお答えしていきます。

  • そもそも社員教育とは、どんなことをしたらいいのかわかりません。
  • 新入社員が会社に慣れたゴールデンウィーク明けに、いきなり、髪の毛の色を銀色に染めてきた。工場勤務とはいえ、それはちょっと・・・こんなときどうしたらいいですか?
  • 新入社員に仕事を教えるとき、新入社員がメモを取りません。とても覚えられる内容と量ではないのに。
  • 年目の社員に後輩指導を任せたところ、うまく指導ができません。先輩としての自覚が足りないのでしょうか?
  • コロナ禍で、マスク着用がスタンダード。わからないことは何でも聞いて、といっているのに、マスクをしている人には話しかけにくいと、なかなか聞いてきません。そのため、問題が大きくなってから発覚することが多くなったように感じます。どうしたら、早めに聞いてくるようになるでしょうか?
  • 身だしなみについて細かいことを聞かれますが、どのように説明したらいいか困っています。こちらは、常識の範囲内で考えてほしいと思っていても「ニットのネクタイはいいか?」「色のついたワイシャツはいいか?」など。弊社のお客様にはそぐわないと、考えればわかると思うのですが、どうしたらいいでしょうか。
  • 仕事中は帽子をかぶり、髪の毛も帽子にいれて見えなくなるので何色に染めてもいいと先輩に言われたが本当にいいのか、聞かれました。それはダメだろうと思いますが、そんなことを後輩社員に言う先輩社員にも困ったものです。どのように教育すべきですか?
  • 髪の毛はどれくらいの色まで染めていいか、と言われたので「自分で判断して」と言ったら、それはないだろうと思う色に染めてきました。どうしたらいいですか?
  • お客様とのやりとりをメモにとるように指示したら、録音していたので、びっくりして、冷や汗が出ました。どのように指導したらよいものですか?
  • メモをとるように指示したら、スマホを取り出し、メモ内容を入力しはじめました。確かに、紙にメモをとるより早く、多くの情報を入力できているようですが、目の前のお客様には失礼のような気がします。どう指導したらいいですか?
  • 忘れないようにといって、なんでもスマホで写して記録代わりにしている。会話中にスマホを触られると、こちらの話しを聞かず、LINEでもしてるのではないかと思ってしまうので、やめてほしいが、どのように伝えたらいいでしょうか。
  • コロナ禍でマスクをしているが、あまりにも派手なマスクをしてくる社員がいます。やめてほしいのですが、マスクの基準がはっきりわからず、注意できません。
  • バイト生活が長かったのか、へんな言葉遣いをする社員がいます。「~よろしかったでしょうか」「これって、お願いできたりしますか?」など。私は間違った言葉遣いだと思いますが、確信がもてず、注意ができません。
  • 目上の人へ「まぢっすか」。どうも、気を使っているようではあるが、逆に失礼のような気がします。
  • 何かを指示すると「どうしてそれをしなきゃいけないんですか?」「ほかにもっと簡単にできる方法があるんじゃないんですか?」といって、素直には始めようとしません。どうしたものでしょうか?
  • 社員教育を始めましたが、社員から「仕事が忙しい時に、こんなことやめてください」と言われてしまい、気持ちがなえてしまいます。
  • 研修の予定を組んだら、研修に出るのがいやなのか、あえてお客様との予定を入れて、外出しようとする社員がいます。お客様優先ですよね?と言われると何も言えないが、これでは、教育が進まなくて困っています。
  • 電話応対に慣れていないようで、練習させようとしたら「メール中心であまり電話をすることがないから、必要ないのではないか」と言われました。
  • 先輩になったんだから、後輩の指導をしてくれるかと思ったら、あまりその様子が見受けられません。後輩指導をしっかりしてくれるようになるには、どうしたらいいでしょうか。
  • 社内になんとなくけじめがないような気がします。和気あいあいとした雰囲気は良いのですが、後輩を「ちゃん付け」で呼んだりするのは、どうかと思います。お客様の前でも、つい「ちゃん付け」呼びをしてしまうようです。指導方法に迷っています。
  • 社長の自分からすると、管理職が管理職の役割を果たしていないように思いますが、指導方法がわかりません。
  • メンタルの弱い社員への接し方が、はれ物に触るようになっていて、あまりよくないと思っています。どのように接したらいいでしょうか?

このようなご質問について、お答えしていく講座です。

経営者となると、ちょっとしたことでも、社員に相談するわけにもいかず、悶々とすることがあるかもしれません。

そんなとき、ぜひこの無料講座をご活用ください。

無料オンライン講座の申し込み